別名幸せホルモン「セロトニン」はエクオールで増やせる!?

毎日イライラしたり、なにかとやる気が無いなどと、気分がすぐれないのは、もしかしたらセロトニン不足かもしれません。

精神を穏やかに、そしてメリハリのある感情を持って毎日活発に過ごしたいものです。

そんな風に精神的にも肉体的にも健康であるためには、幸せホルモンと言われるセロトニンを多く分泌する必要があるのです。

セロトニンってどんな物質?

185196

セロトニンは私達人間が、心穏やかに、そして健康的に活発に生きていく上で欠かせない物質です。

セロトニンの90%は腸に、8%は血液中に、2%は脳内に存在しています。

中でもたった2%しか存在しない脳内セロトニンは、気持ちや感情のコントロールをするに欠かせません。

ドーパミンやノルアドレナリンと並び、セロトニンは三大神経伝達物質と呼ばれています。

この3つの中でもセロトニンはブレーキの様な役割を担っています。

ノルアドレナリンが過剰に働いてしまうと、不安や恐怖心が溢れてしまいますが、そんな時その感情を適度に抑えるのがセロトニンの働きです。

つまりセロトニンは、精神の安定を保ってくれるのです。

ドーパミンノルアドレナリンセロトニン、この3つの分泌バランスが良いと穏やかで安定した、そしてメリハリのある精神状態を保つ事ができるのです。

例えば、怒る時はヒステリックにならない程度に怒り 笑う時は心から笑うなどといった感情のメリハリを持つことができます。

セロトニンがなければ、様々な悪感情を抑える事ができずに、暴走してしまったり、自分で自分の心を苦しめてしまったりするのです。

健康的で健全な精神状態を保つためにとても重要な神経伝達物質なのです。

セロトニンが増えれば眠りの質も上がる

体内のセロトニンは睡眠にもとても大きく関わってきます。

日中、脳内物質のセロトニンだったものは、夜になると睡眠ホルモンと言われるメラトニンに変化します。

そのため、朝は起きて、夜は眠くなり眠るという生活を送る事ができるのです。

このメラトニンの分泌を十分にしてしっかりと眠るためには日中たくさんのセロトニンを分泌する事が必要です。

セロトニンの減少がうつ病を引き起こす?

うつ病を発症し、自殺に至ってしまった人の脳を調べたところ、

セロトニンとノルアドレナリンが著しく少なくなっていた

という結果が報告されています。

ノルアドレナリンとセロトニンが減ってしまうと、脳の情報伝達がうまく行われず感情のコントロールができなくなり、何かに興味を持つ、やる気を起こすなどの前向きな感情が薄れてしまうと考えられています。

セロトニンはなぜ減ってしまうの?

セロトニンが減ってしまうのは、主に3つの理由が挙げられます。

1.日光不足

 

セロトニンは日の光を浴びて生成される性質があるため。

2.運動不足

 

運動不足になるとセロトニンの伝達に必要な神経が衰えてしまうため。

3.栄養不足

 

とくにビタミンB6やトリプトファンなどのセロトニンを生成するために必要な原料が不足するため。

 

この様にセロトニンは、なんて事のない行動が欠けるだけでその分泌が低下してしまいます。

そして、セロトニン不足が生じそれによる睡眠障害や、精神不安、感情不安が起きてしまうのです。

腸内フローラが整ってなければ意味がない

185199

精神面にとても重要な2%の脳内セロトニンも、腸で作られ脳に運ばれています。

そのため、日光にあたっても、運動をしても腸内が良い環境でなければセロトニンは作られず、脳にも運ばれません。

最近よく聞く、腸内フローラ

これはなんの事だかご存知ですか?

腸内には、およそ100兆個の腸内細菌があると言われています。

この100兆個もの細菌が、腸の中で種類ごとにまとまって、腸内に壁を作る様にしてびっしり存在しています。

その様子が、まるで植物が種類ごとにかたまって群れている花畑に似ていることから腸内フローラと言われる様になりました。

そしてこの腸内フローラ、もちろん良い状態の腸内フローラががセロトニンの生成にはなくてはならないものなのです。

セロトニンは腸内の善玉菌が多ければ多いほど生成されます。

しかしながら、悪玉菌が増えて、善玉菌が減ってしまうと 腸内細菌の善玉菌でも悪玉菌でもない菌は悪玉菌と結びつき、悪玉菌がどんどん増えてしまいます。

こうして、腸内フローラが悪くなると、セロトニンは生成されなくなってしまいます。

関連記事⇨エクオールをつく出すのに大事な腸内フローラとは?

関連記事⇨エクオールは増やせるの?大事なのは腸内環境!

エクオールでセロトニン濃度がアップ!

よい状態の腸内フローラを作るを作る事で、セロトニンは多く作られるわけですが、質の良い腸内フローラにするには大豆イソフラボンが必要です。また、大豆イソフラボンにはセロトニンの生成原料となるトリプトファンが多く含まれています。

大豆イソフラボンは腸内環境を整えて、腸内フローラの質を高めてくれます。

ところが、この大豆イソフラボンよりもさらに高い効果をもたらすエクオール、別名スーパーイソフラボンを摂る事で腸内はもっともっと整っていきます。

また、女性は加齢によってエストロゲンが減少してしまいます。

エストロゲンはセロトニン濃度を上げる作用があるので、減ってしまうとセロトニン濃度も低下してしまいます。

エストロゲンにより近い働きをするエクオールを摂取する事で、腸内環境は整い、セロトニンの生成もされやすくなり、またその濃度を上げてくれます。

更年期や女性の生活習慣病などに効果のあるエクオールでセロトニン濃度をあげ、幸せホルモンで安定した精神状態を作りたいものです。

エクオールは、女性特有の様々な悪症状に効果があると期待せれる物質です。

手軽に摂取できるサプリメントも販売され、とても身近で、高い効果のある健康維持アイテムです。

毎日の生活に取り入れて、心も体も健康を保ちたいものです。