エクオールは男性にも効果大!をパートナーと一緒に飲む4つのメリット

最近話題の、大豆イソフラボンの代謝物であるエクオールは、そのエストロゲン様作用の高さから「女性のための」というイメージが定着しています。

更年期世代の女性の健康をや美をサポートしてくれると注目を集めています。

そして、愛飲する女性も増えています。

男性には関係ない、女性が毎日をイキイキと過ごすためのものと思われがちですが、実は男性にもとても大きな効果をもたらすことがわかっています。

エクオールがなぜ、男性にもいいのか、パートナーと一緒に摂取することのメリットなどをご紹介します。

エクオールが女性のためのものと思われる理由

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの良い作用をいつまでも受けたい女性が、美や健康のために意識的に摂取してきた栄養素です。

これは、大豆イソフラボンが女性ホルモンの一種であるエストロゲンとよく似た働きをするからです。

ただ、摂取した大豆イソフラボンが体内でエストロゲンと同じ働きをするには、腸内細菌によってエクオールという物質に代謝されないと意味がありません

そういったことがわかるようになった近年では、大豆イソフラボンよりもエクオール、「エクオールを積極的に摂取しよう」という風潮に変わりつつあります。

大豆イソフラボンをエクオールに代謝できる腸内細菌は、誰もが持っているわけではない事もわかっていますから、エクオールを作り出せない人のためにサプリメントが販売されています。

そして、このサプリでエクオールを摂取して、更年期世代の女性は更年期症状に負けず美や健康を維持するというケアをとり入れています。

そのため、エクオールはいつのまにか「女性のための」というイメージが強くなり広がりました。

男性もホルモンバランスが乱れる

ちょうど更年期の女性と同じ年代になる男性も、やはり健康面や外見に衰えを感じることも多いでしょう。

男性も加齢やストレスでホルモンバランスを乱し、カラダの心配や外見の変化も増えます。

ホルモンバランスの乱れによる前立腺肥大症

女性が女性ホルモンを分泌するように、男性は男性ホルモンを多く分泌します、

そして、この男性ホルモンのバランスも加齢やストレスなど様々なことが原因となって乱れてしまいます。

男性ホルモンのバランスが乱れてしまった時、テストステロンというホルモンを多く分泌してしまいます。

テストステロンは、男性にとってとても重要なホルモンなので、分泌する事自体は問題はありません。

問題は、このテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変化しまうことです。

このジヒドロテストステロンが、実は男性の生殖器である前立腺に悪影響を与えると考えられています。

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは、精子の働きを活発にさせたり、前立腺液を分泌させるための前立腺が肥大してしまう病気です。

この病気が発症すると、尿失禁や尿閉などの症状があらわれ、ひどくなると尿が出なくなってしまうという症状にまで進行してしまいます。

そして、この前立腺肥大症の主な原因が、ジヒドロテストステロンの過剰な分泌と考えられています。

ジヒドロテストステロンによるAGA

歳を重ねた男性に多く見られるAGA(男性型脱毛症)

これは、男性ホルモンの過剰分泌による、男性の薄毛ですが、上記のように男性ホルモンであるテストステロンが多く分泌されると、そのぶんジヒドロテストステロンの分泌が増えます。

このジヒドロテストステロンは、前立腺だけでなく、男性の毛髪を育てる毛母細胞に悪影響を与えてしまいます。

それによって、このAGAが発症してしまいます。

男性は、女性のようにホルモンバランスによって、毎日辛い症状が出てしまうということはありませんが、男性特有の病気やAGAという悩みが増えます。

そんな悩みの種をエクオールで予防することができるとわかっています

エクオールがAGAや前立腺肥大を予防する?

前立腺肥大症もAGAも、ジヒドロテストステロンが主な原因となって起こります。

エクオールは、そのジヒドロテストステロンに働きかけこれらの症状を予防することができます。

エクオールが5αリダクターゼをブロック

男性ホルモンであるテストステロンが分泌された時、還元酵素である5αリダクターゼがそれをジヒドロテストステロン(DHT)に変化させてしまいます。

そのDHTが、毛母細胞や前立腺に悪さをしてしまいます。

エクオールは、テストステロンをDHTに変化させてしまう、5αリダクターゼをブロックする働きがあります。

そのため、DHTの増殖を抑えることができます。

エクオールが受容体への結合を阻止

発毛は、毛乳頭細胞と毛母細胞がダブルで働く事で、しっかりおこなわれます。

ところがこの毛乳頭細胞には、男性ホルモン受容体というものがあります。

この受容体にDHTが結合することで、毛乳頭細胞、毛母細胞の働きが低下し薄毛につながってしまいます。

エクオールは、この受容体とDHTの結合を阻止する働きもあります。

エクオールは、男性の発毛や健康にとって大敵となる

  • ジヒドロテストステロンの増殖を抑える
  • ジヒドロテストステロンと受容体の結合をさせない

これら2つの働きで、男性特有のAGAや前立腺肥大症を予防することができると期待されます。

自分のパートナーである男性には、薄毛にならずいつまでも若々しくいてもらいたいものです

また、前立腺肥大症などという辛い病気にもなってほしくないですね。

パートナーと一緒にエクオールを摂取するメリット

更年期の女性にとって、とても心強い味方となるエクオールですが、女性だけが摂取するのはもったいない。

上記にもあるように、エクオールは男性にも良い効果のあるものです。

パートナーと一緒に摂取することで、

  • 二人で摂取することで、一緒に健康を維持するんだという気持ちになれる
  • 女性は更年期のつらい症状の改善に
  • 男性はAGAや前立腺肥大症の予防に
  • お互いの健康を確認し合える

これら4つのメリットがあります。

二人で摂取することで、一緒に健康を維持するんだという気持ちになれる

更年期障害は、女性でなければその辛さがわからないものです。

パートナーがいたとしても、どこか一人で乗り越えなければという部分があります。

でも、エクオールを二人で摂取するということで、二人で同じ健康維持を目指すという気持ちになれます。

そうすることで、一人っきりでエクオールを摂取したり、生活習慣や食事に気を付けるよりも前向きな気持ちで更年期を過ごす事ができます。

更年期の様々な症状は、自律神経の不調からくることがほとんどです。

自律神経の調子を整えるには、前向きで健全な精神状態が必要不可欠になりますので、パートナーと一緒に前向きに同じ健康管理をできることはとても良いことです。

女性は更年期のつらい症状の改善に

エストロゲンが減少することで起こる更年期障害には、エストロゲン様作用が心強い味方となります。

その働きを果たしてくれるエクオールは、40代、50代の女性にはとても有意義なものになるでしょう。

つらい症状の改善や、エストロゲンがもたらす美容効果も得られると期待したいです。

男性はAGAや前立腺肥大症の予防に

DHTの増殖を抑制する効果を期待できるエクオールは、女性のみならず男性こそ摂取したい成分です。

AGAや前立腺肥大症の予防に、ぜひパートナーと一緒に摂取したいものです。

お互いの健康を確認し合える

二人で同じ健康管理を実行することで、お互いの健康にも興味がもてるようになるでしょう。

少し放っておきがちなお互いの健康を確認し合うためにも、エクオールをパートナーと一緒に摂取するということは良いことです。

エクオールは、こういったメリットから、ぜひパートナーと一緒に摂取することがおすすめです。

まとめ

エクオールは、女性のためのというイメージがずいぶんと大きくなってしまいましたが、実は薄毛予防や男性ならではの病気の予防に期待が持てます。

そして、まだまだ研究が進められるエクオールは、もっもっと健康効果や美容効果が確認される可能性も秘めています。

女性だけのもとして決めてしまう前に、ぜひ、お互いの健康管理のひとつとしてエクオールを取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼ラクトビオン酸プラスのエクオール詳細はこちら▼

エクオール

このページの先頭へ