エクオールでホットフラッシュを改善!5つのセルフケアも紹介

女性は40代、50代になると、その多くが更年期のなんらかの症状に悩まされます。

これまでは、なかった頭痛やめまい、いつも以上にひどい肩こり、首こり、そしてほてりや倦怠感など様々で、人によってどの症状が多くでるのかもまちまちです。

そんな中でもほとんどの女性が経験してしまう「ホットフラッシュ」。

加齢によるホルモンバランスの乱れにより、自立神経も乱れこの症状はあらわれてしまいます。

噴き出しては止まらない汗に、熱くなってしまう顔、本当に厄介な症状です。

そんなホットフラッシュの予防改善のためのセルフケアや、今話題の「エクオール」での改善ケアをご紹介します。

ホットフラッシュはなぜ起こってしまうの?

更年期になると、なぜこのホットフラッシュが起こってしまうのでしょうか。

それは、この時期の女性特有のホルモンバランスの乱れにあります。

歳とともに卵巣機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少します。

本来、女性は、エストロゲンとプロゲステロンという両方の女性ホルモンをバランスよく分泌することで日々の健康を保ちます。

ところがエストロゲンの分泌が減ることで、このバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスと自律神経の密接な関係

女性ホルモンと自律神経は、大脳の視床下部というところでどちらもコントロールされています。

そのため、ホルモンバランス、自律神経のどちらかが乱れてしまうことで、両方が乱れてしまうことになります。

更年期になり、女性ホルモンのバランスが乱れることで、同じ場所でコントロールされる自律神経にも悪影響がでてしまうわけです。

自律神経の乱れがホットフラッシュをまねく

自律神経とは、私たちのカラダや心を健康に健全に保つために重要な役割を担っています。

交感神経と副交感神経の両方が目的に合わせて均等に発動することで、健康なカラダや健全な精神状態を保ちます。

  • 交感神経:脳やカラダを活発にする作用があるため、様々な活動をする日中に多く発動
  • 副交感神経:脳やカラダを休める作用があるため、夜から深夜にかけて多く発動

このように二つの神経が、理想の時間帯にしっかり発動することで、人は活動と休息を繰り返し、健康を保つことができます。

自律神経は、全身の血管や細胞、神経、内臓が正常に働くように関わっていくとても重要な神経です。

そのため、これが乱れてしまうことで体内バランスは乱れホットフラッシュなどのつらい症状をまねくことになってしまいます。

自律神経が乱れることで起こる主な症状

  • ほてり
  • 頭痛
  • まめい
  • 肩こり
  • 倦怠感
  • うつ傾向
  • 血行不良
  • ホットフラッシュ

これだけの症状があらわれてしまいます。

ホルモンバランスが乱れることで自律神経が乱れ、ホットフラッシュをはじめとする様々な不調が、更年期にはあらわれてしまいます。

辛いホットフラッシュを予防、改善するにはホルモンバランスや自律神経を整えていくようなケアが必要となります。

エクオールでホットフラッシュが改善

多くの女性は、更年期障害の症状を予防するために大豆イソフラボンの摂取を心がけます。

ただ、この大豆イソフラボンが更年期女性の様々な症状の予防、改善に効果を発揮するには、大豆イソフラボンが体内でエクオールという物質にならなければあまり効果は期待されません。

エクオールを作り出せる女性は全体の約半分

エクオールが体内で生産されるには、まずは大豆イソフラボンの摂取が欠かせません。

そして摂取された大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという物質が、腸内細菌によって代謝されエクオールとなります。

ところが、エクオールに代謝するに必要な腸内細菌を持つ人は、日本人女性のおよそ半分

つまり、残り半分の人はエクオールを生産することができないということです。

ちなみに、自分が腸内細菌を持っているかどうかは、検査をすれば誰でも簡単にしることができます。

自宅でもできるので、気になる方は一度、検査してみてもいいかもしれません。

エクオールを直接摂取できるサプリメント

エクオールは、エストロゲンにより近い働きをすることがわかっていますので、ホルモンバランスの乱れによる自律神経の不調も防ぐことができます。

そんな女性にとって素晴らしい効果のあるエクオールを作り出すことができない半数の女性のために、今、サプリメントで直接体内に入れることができるようになっています

国産のエクオールは、主に3つの会社から販売されていてエクオールの含有量は各社違って2㎎~10㎎です。

エクオールは体内にとどめておくことができない物質ですから、毎日摂取することのできるサプリメントとはとても画期的です。

エクオールのホットフラッシュ改善効果

上記にもあるようにエクオールは、減少しがちなエストロゲンとよく似た働きをしてくれますので、ホルモンバランスの乱れを防ぐ事ができます。

その結果、自律神経の調子も整い、ホットフラッシュなどの更年期症状を軽減してくれると期待できます。

また、とある調査では、ホットフラッシュに悩む人が12週間エクオールを摂取し続けた結果、ホットフラッシュ症状が58.7%も減少したことがわかっています

エクオールは、更年期の女性やこれからの更年期症状を予防したいという女性にとって、とても画期的なものとなりました。

体内で生産できる女性は限られますが、サプリメントで補うことができるのであれば多くの女性が、つらい更年期を乗り越えていくことができるのではないでしょうか。

ホットフラッシュはセルフケアも重要

087444

ホットフラッシュなどの更年期症状の改善に期待が高まるエクオールですが、サプリなどで補う場合、それは健康補助食品または栄養補助食品にすぎません。

これらの効果をより高めるためには、生活習慣や食事のバランスなども気を付けていくことが大切です。

自分でできるホットフラッシュケアは、

  • アルコールやカフェインを控える
  • 砂糖の摂り過ぎに注意する
  • 十分な睡眠をとる
  • バランスの良い食事を心がける
  • 常にストレスの発散をする

これら5つになります。

アルコールやカフェインを控える

アルコールやカフェインは、一種の興奮剤と言っても過言ではありません。

適度なお酒やコーヒーは、ストレス発散やリラックスには良いですが、摂り過ぎには注意が必要です。

アルコールやカフェインは、自律神経を刺激し、興奮状態や緊張状態の時に発動する交感神経の発動を増やしてしまいます

そのため、自律神経のバランスは乱れ、ホットフラッシュの原因となってしまいます。

砂糖の摂り過ぎに注意する

女性に必要不可欠なエストロゲンは、卵巣から主に分泌されますが、じつは、卵巣からの分泌量に比べれば少ないですが、副腎からも分泌されます。

この副腎は砂糖の過剰摂取により、働きが低下しホルモンの分泌も減ってしまいます。

また、砂糖、特に上白糖はカラダを冷やす作用があるため、血行不良を起こしやすくなり自律神経の不調につながってしまいます。

適度な糖質摂取はカラダに大事なことですが、過剰摂取は避けましょう。

十分な睡眠をとる

夜遅くまで、起きていることが続くと、本来副交感神経が発動していなければならない時間帯も交感神経ばかりが発動してしまいます。

その結果、副交感神経が発動しづらくなり、自律神経のバランスは乱れます。

また、副交感神経が発動しなくなると、眠りたくても眠れない「睡眠障害」にも陥り、それによってホットフラッシュが引き起こされることもあります。

睡眠は十分にとって脳やカラダを休め、そして自律神経を整えるためにはとても大切なものです。

バランスの良い食事を心がける

油っこい食べものなど、高カロリーの食事ばかりでは血液はドロドロになり、血行不良になってしまいます。

血行不良は、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れに直結してしまいますので、野菜を多く摂るように心がけ、適度に炭水化物やタンパク質も摂りましょう。

また、温かい飲み物で水分もしっかり摂って、血流を良くするように心がけると、カラダの調子も整います。

常にストレスの発散をする

ストレスは様々なカラダの不調につながります。

  • 血行不良
  • 副腎機能の低下
  • 睡眠不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経の乱れ

などがあり、これらの不調はホットフラッシュを引き起こす原因にもなってしまいます。

ストレスを受けないという生活は難しいですが、受けたストレスはその都度発散して溜めないことが重要です。

上記の5つのことを全てしっかり守るというのは、難しいことでもあります。

辛いホットフラッシュのためと神経質になり過ぎるのも良くありません。

適度に意識しながら、足りない部分はエクオールのサプリなどで補ってみるのも良いでしょう。

まとめ

ホットフラッシュは、女性なら誰でも経験してしまうかもしれないものですが、しっかりケア出来ている人、そうでない人とではその重軽度に差が出てしまうことでしょう。

日々の生活を健康的なものに改善し、足りない部分はエクオールなどのサプリで補ってあげれば、つらい更年期も穏やかに乗り越えることができます。

厄介なホットフラッシュに悩んでいるのであれば、まずは、規則正しい生活とエクオールを摂り入れてみてはいかがでしょうか?