エクオールの検査を自宅や病院で行う場合の費用は?

エクオールを作り出すのに必要と言われているのがエクオール産生菌(腸内細菌)です。

このエクオール産生菌は誰もが持っている腸内細菌ではありません。

日本人だと2人に1人の約50%しか持っていないと言われています。

欧米人などの場合はもっと少くなくて約20%くらいの人しか、エクオール産生菌を持っていません。

それに比べれば日本人はエクオール産生菌を多く持っているということですが、それでも約半分の人しかエクオールを作り出すことができません。

その他の人はいくら更年期障害などの効果があるとされている、イソフラボンを摂取してもエクオール産生菌を持っていないので、エクオールに変換することができません。

関連記事⇨エクオールが作れる人と作れない人の違いとは?

そのためにまずは自分自身の腸内にエクオール産生菌があるのかどうかを確認するのもいいことでしょう。

エクオールの検査方法はソイチェック

185199

エクオール産生菌が腸内にあるかどうかを検査する方法は基本的にソイチェックを使います。

ソイチェックを使うことにより体内にエクオール産生菌があるかどうかを調べることができます。ソイチェックの詳しいことはこちらを御覧ください。

関連記事⇨エクオール産生菌が検査できる?検査キット【ソイチェック】

ちなみにソイチェックを行う場合は、事前に大豆イソフラボンを摂取しておく必要があるので、ソイチェックを行う場合は、前の日などに納豆などの大豆イソフラボンを含む食品などを摂取してください。

ただし、大豆イソフラボンは摂取してもいいですが、エクオールを含むサプリメントを摂取することはは控えてください。

ソイチェックはどこで行うの?

ソイチェックは基本的に自宅で自分で行う方法と病院などで行う2つの方法があります。

自宅で自分でできるのであれば自分でやってもいいですし、もしちょっと心配なのであれば、病院に通ってもいいです。

自宅で行う場合

自宅で行う場合は、まず自分でソイチェックを購入しなくてはいけません。

ソイチェックアマゾン楽天などで通販で簡単に買うことができます。

楽天市場では検査機器ランキングで2位になるくらい人気がある検査機器です。

ソイチェックは今人気あって、いつ在庫がなくなるかわからないので、通販で楽天に無かったらアマゾンではあるかもしれないのでどちらも確認してみてください。

病院で行う場合

ソイチェックを病院で行う場合はまず、ソイチェックを行えるかどうかを確認する必要があります。

自分のかかりつけの病院にまずは連絡してみてください。

忙しい人は病院にいくことができないので、自宅でソイチェックを行うようになると思いますが、病院にいけば更年期の話しなども聞くことができるで、時間がある方は病院にいって行なって貰ってもいいかもしれません。

ソイチェックの費用は?

185196

ソイチェックの費用は楽天やアマゾンでは4000円程度(税込み)です。

病院の場合は機関によって様々だと思いますが、4000円〜の所が多いみたいです

値段だけで考えるのであれば、自宅で自分で行なった方が安いです。

しかし、先程もいいましたが、そのあとに更年期障害のことや健康のことなどを相談できるのは病院なので、値段だけで決めることはできないと思います。

そこまで体調が悪くなくて、ただエクオール産生菌があるかどうかを知りたいだけなのであれば、自分で自宅で行なってもいいと思います。

少し気になる更年期の症状などがある場合は病院で一度、お医者さんに相談してもいいでしょう。その辺りは自分の体調と相談して決めてください。

エクオール産生菌がなかった場合

もし、ソイチェックでエクオール産生菌が作り出せないという結果がでても、そこで諦めることはありません。

食事からの摂取では体内でエクオールを作り出すことが出来ないかもしれませんが、エクオールが含まれているサプリメントを活用すれば直接エクオールを摂取することができます。

むしろ専門家の話しでは、エクオールサプリメントでエクオールを摂取したほうが、体内で作り出して体に吸収されるよりも、効率良く吸収されると言われています。

なので、ソイチェックをしてエクオール産生菌がなくて、エクオールが作り出すことができない方でも落ち込まずに、その場合はエクオールのサプリを使ってその時は対応すれば大丈夫です。

また、エクオール単体しか配合されていないエクオールサプリよりも、更年期障害の緩和効果や骨粗しょう症の予防などに効果があると言われている、ラクトビオン酸が含まれている「エクオールサプリ」を摂取した方がより、効果を見込むことができるでしょう。

ラクトビオン酸配合のエクオールサプリの詳細を見てみる

せっかく検査をしたからには、このようなサプリメントなどを上手に活用して、ゆらぎ期対策をしていきましょう。

▼ラクトビオン酸プラスのエクオール詳細はこちら▼

エクオール

このページの先頭へ