エクオールで摂取で乳がんになりやすい?それって本当?

健康を維持するためのサプリや薬はいつだって副作用が気になるもの。

最近話題のエクオールは、女性の更年期障害やアンチエイジングなどに大きな効果があると聞くけれど、それこそ副作用がないのか心配という声も少なくありません。

エクオールを飲み続けると乳がんになる なんて話もある様で、実際のところどうなのでしょうか。

日本人女性の乳がん発症率

日本人女性の乳がん発症率は、増加傾向にあり現在は12人に1人の割合で乳がんにかかるというデータだ出ています。

また、乳がんで亡くなる女性は2013年には1万3000人を超え、2014年には1万3240人とさらに増加しています

この増加傾向には食生活などの欧米化の進行が起因していると考えられています。

乳がん発症とエストロゲンの関係

185196

乳がんの60%~70%は、エストロゲンの影響を受けていると言われています

エストロゲンとは、女性ホルモンのひとつで卵胞ホルモンとも言われます。

女性の健康にや若さを保つに重要なホルモンで、細胞や血管を若々しく保とうとしたり、自律神経の調子を整えたりして心身ともに活発にする働きがあります。

こんなカラダに良いエストロゲンが、乳がんを引き起こすなんて信じがたいですが、事実です。

乳がん細胞のなかには、エストロゲン受容体があります。

このエストロゲン受容体にエストロゲンが結びつきがん細胞を増殖させてしまうのです。

この様にエストロゲンを乳がん細胞が取り込んで発症する乳がんを「ホルモン感受性乳がん」と言います。

そのため、エストロゲンが体内で過剰分泌されると、乳がんになるリスクが高まると言われています。

では、自らの力でエストロゲンを分泌する女性全てが、乳がんになるのでしょうか。

女性ホルモンエストロゲンの過剰分泌とは?

上記にある様に、エストロゲンが乳がん細胞の中のエストロゲン受容体と結びつき、乳がん細胞を増殖させてしまうにはエストロゲンの過剰分泌が問題になるのです。

では、このエストロゲン過剰分泌とはどの様にして起こってしまうのでしょうか。

月に一度の生理の際、エストロゲンの分泌が増えます。

そのため、妊娠せずに生理の回数が増えればエストロゲンの分泌期間が長くなります。

エストロゲン分泌期間が長いというのも過剰分泌のひとつです。

また、過度のストレスや疲労、不規則な生活などでもエストロゲンは過剰分泌してしまいます。

忙しい現代人、仕事で大きな責任を課せられたり、育児と家事によりストレスの溜まりやすい30代は特に、エストロゲンの過剰分泌の可能性が高まります

その他、何らかの原因でホルモン治療を長く受け続けたひともエストロゲンの過剰分泌の可能性が高く、初潮が早くに来たなどという事も過剰分泌に関係します。

エストロゲンに良く似た働きをするエクオールは乳がんを誘発する?

115793

大豆イソフラボンよりも、エストロゲンにより近い働きのあるエクオールは昨今、サプリで手軽に摂取できる様になり、ゆらぎ期と言われる更年期世代の女性に人気が高まっています。

そんなエクオールで、乳がんになるリスクが高まるなんて話題もあります。

乳がんになるリスクが高まるのは、エストロゲンの過剰分泌ですから、エストロゲンと同じ働きをするエクオールで乳がんになるという心配がされるのもわかります。

しかしながら、エクオールはエストロゲンと似た働きをしながらも、エストロゲンの過剰な作用を抑える効果もあるのです。

抗エストロゲン作用です。

エストロゲン受容体とエストロゲンが結び付く際、過剰にエストロゲン作用が働いてしまい、その刺激が乳がんを誘発するわけですが、

エクオールが体内にあれば、エストロゲンのかわりにエクオールがエストロゲン受容体と結びついてくれるので、過剰なエストロゲン作用は働きません。

そのため、エクオールを摂取したからといって乳がんになるリスクが高くなるという心配は極めてうすくなります。

また、エクオールを特に摂取したい世代40代、50代は卵巣機能の低下により、エストロゲンの分泌が減少してしまいます。

減少したエストロゲンを補うために摂取するエクオールですから、乱用さえしなければエストロゲンが過剰分泌される事もないわけです

エクオールは男性の前立腺がんも防ぐ?

エクオールには抗アンドロゲン作用もあると言われています。

これは男性ホルモンのひとつで、このアンドロゲンが過剰に作用する事で、脱毛や男性の前立腺がんを誘発してしまいます。

エクオールが体内にある事によって、抗アンドロゲン作用が働きこれを防ぐ事が出来ると期待されています。

エクオールは、がんを引き起こすのではなく、男性の前立腺がん、女性の乳がん防いでくれるものだった様ですね。

エストロゲンとは、女性にとってとても重要な女性ホルモンです。

過剰分泌による過剰な作用は乳がんを誘発させる恐れがありますが、その働きは適度になくてはなりません。

間違った情報で間違った節制は、乳がんではない他の不調をもたらしてしまう事につながります。

エクオールを正しく摂取して、健康で若々しい毎日を送りたいものですね。

▼ラクトビオン酸プラスのエクオール詳細はこちら▼

エクオール

このページの先頭へ