エクオールを作り出してくれるエクオール産生菌とは?

エクオールここ最近、女性の間で話題に上がっている成分です。

 

特にゆらぎ期である更年期を迎える女性やすでに更年期を迎えていて、更年期障害が出始めている女性に効果があるということで注目が集まっています。

 

少し前までは更年期障害に効果があると言われていたのが、大豆などに含まれているイソフラボンでした。

 

 

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きがあることから話題になり、更年期を迎える女性やすでに更年期障害の症状がではじめている女性に人気がでました。

 

 

しかし、ここ近年の研究ではイソフラボン自体に効果があるのではなく、イソフラボンの成分であるダイゼインという物質が、体内にある腸内細菌により代謝されることでできるエクオールという成分が、イソフラボンの成分よりもエストロゲンに似た働きをすることがわかりました。

 

エクオールを作り出すエクオール産生菌(ラクトコッカス20-92)

185199

 

エストロゲンと似た働きが期待できるのは、イソフラボンと言われてきました。

 

 

しかし、実際にはイソフラボンから腸内細菌によって代謝されてできた、エクオールの方がエストロゲンにより似た働きが期待できます。

 

 

そしてこのエクオールに変換してくれる腸内細菌のことを「エクオール産生菌」と呼びます。正式な名称は「ラクトコッカス20-92」という乳酸菌になります。

 

 

ただし、ラクトコッカス20-92だと少し言いにくいのでエクオールを作り出すしてくれる乳酸菌ということでエクオール産生菌と呼ぶことが多いです。

 

エクオール産生菌は増やせるの?

エクオール産生菌が多く体内にあればそれだけエクオールを作りやすくなります。

 

 

元々腸内にエクオール産生菌が棲みついているのであれば、腸内環境をよくするような食事やサプリメントを摂取したりすることで腸内細菌を増やすことが大事です。

 

 

例えば食事なら乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べたり、善玉菌の餌となるオリゴ糖発酵食品であるキムチ、納豆などを摂取することで腸内環境がよくなります。

 

 

また、腸内細菌というのは、ストレスなどでも減ってしまうので、普段の私生活などでストレス溜まりやすい生活をしている人も、腸内細菌が減ってしまいます。

 

 

それに今は昔と違い食生活も欧米化してきて、発酵食品などを摂取する人が減ってきているのも一つの原因です。

 

エクオール産生菌は棲みつくの?

185196

 

エクオール産生菌が無い人は日本人で約半分います。

 

半分の人はエクオールを作り出すことができますが、半分の人はエクオール産生菌がないので作り出すことができません。

 

 

可能性がないとは言いませんが、エクオール産生菌は後から棲みつくことは難しいと言われています。

 

 

元々、子どもの頃に腸内細菌を減らしてしまうような食事ばかりをしていると、エクオール産生菌も定着しないんだそうです。

 

 

それに腸内細菌は100兆個以上あって、善玉菌や悪玉菌などが100種類以上棲みついているので、それを変化させるのは容易なことではありません。

 

 

元々エクオール産生菌がない人がエクオール産生菌を新たに棲みつかせるには、時間がかかる言ってもいいでしょう。

 

 

可能性がないわけではないので、常日頃からのしっかりと食事などで腸内環境をよくしていくことを心がけましょう。

 

 

また、エクオールがつく出せない人でもエクオールを含むのサプリメントを摂取すれば、体内でつく出すことができなくても大丈夫です。

 

 

エクオールをつく出せない人は腸内環境を整えつつ、エクオールサプリメントを活用してみてください。

▼ラクトビオン酸プラスのエクオール詳細はこちら▼

エクオール

このページの先頭へ